FC2ブログ
プロフィール

吉田晃仁

Author:吉田晃仁
AKI CHIROPRACTIC
国際容認基準 BHSc学位取得
かむろ坂からちょっと路地に入った
小ぢんまりとした完全予約制のクリニック
 
東京都品川区西五反田4-24-9-101
03−6420−3585

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 2月10日 カフェで 小児カイロプラクティックセミナー

先日2月10日(金) 武蔵小山駅 徒歩3分 カフェレストラン HIMAT CAFEで小児カイロプラクティックセミナーを行いました
講師は小児カイロ専門でご活躍されてます小畑DC


今回参加者はハイマットカフェのお客さんが中心で、小児カイロプラクティックってなにからはじまり、妊婦、赤ちゃんの事をカイロプラクティックの視点から、脊椎 神経の重要性について、ケーキを食べながらしっかりとお勉強です
皆さんホント真剣に聞かれてました
やっぱりカフェレストランで小児カイロプラクティックいいかも!!
ハイマットカフェの皆さんありがとうございました。

DSC02299.jpg


今回塩川貴士DCとスタッフさんも応援にきてくださいました

今後も開催していく予定なので、皆様お誘い合わせの上ご参加下さい

次回は3月9日 (金) 15時~18時
お問い合わせ 当院まで


院長 吉田晃仁

品川区西五反田4-24-9ー101
03-6420-3585 

メール aki-chiro@hotmail.co.jp

スポンサーサイト

スノーボード上達のヒント

皆さんいかがお過ごしでしょうか


もうすぐ恋の季節 そう スノーボード天国の季節ですね  気持ちの整理はできてますか
今年こそはスノーボード始めるぞ!って言う方 や  いやもう少し上手くなりたいと思っている方
これまで私が経験してきたスノーボード理論とそしてカイロプラクティックで学んだ事を交えて、皆様が上達する何かのヒントになっていただけたら嬉しいです。 まあなんとなく参考にしてみてください
あくまでも自己解釈な内容なので、参考程度にしていただいて、ご自分のスタイルを追求して下さいね




一応自己紹介です
私は現在カイロプラクティックを都内で個人開業していますが、その前がスノーボードにのめり込み、4シーズンニセコでロー
カルボーダーをして日夜練習に励んでしました。 スノーボード歴は今年で15~6年ぐらいです



今回皆さんにご紹介するのは スノーボードを滑る上で腰を落とした時のフォームの作り方についてご紹介したいとおもいます。

まずは 安定感を理解する上でとても重要な、重心線を知って下さい 人間が立位で立っているときに身体の中に出来る軸みたいなものです。


ritui.jpg


この重心線は人間が地上で生きていく上で、身体の負担を少なくするための軸になります。
スノーボードだけでなく、今後の健康を保つ上でも大事な知識ですので是非覚えて下さい。

この絵で注目してほしいのが、足元です。ここをよく見て下さい。重心の位置はつま先でもなく、土踏まずでもなく、かかとよりであることに注目してください。  
私の経験上 スノーボードの安定感はこのかかとよりの重心線に体重を預けられることがコツのように感じます
とくに不整地を滑るとき、そしてスピードが出るほど、ここへの意識は重要になるように思います

余談ですが・・・
偶然なのかもしれませんが、私が現役のとき、滑りが安定してくると、ここの踵への荷重が自然と身につき重要だということを実感しました。その後カイロプラクティックの世界に入り、この重心を解剖学の授業で目にしたとき、妙に納得した覚えがあります。



さて腰を落としたフォームの作り方といいますか、骨盤周囲の固定のさせ方についてです
このフォームは どのシチュエーションでも使えると思いますので是非やってみてください。

1 まず、かかとで立ってみてください(この時つま先には力は入れません)
2 かかとに重心をかけつづけながら、おしりを後ろに突き出す形で胸を貼りながら、ゆっくり腰を下げていってください
(でどうしてもできない方に更にポイント、かかとと、股関節の付け根に重心を感じるように)
3 この順でいくと調度、それ以上 腰を落とせない(腿の付け根が硬くなって)とう状態が出来ると思います。
 
どうですかできましたか?

これが私的に思う安定したフォームになります

もし出来なかったら、もう一度ゆっくり筋肉と相談しながら再チャレンジしてみてください


どうしても感覚が得られない、できないって言う方もあせらずチャレンジしてください
しばらくやって筋肉や身体に教育し続けてあげれば出来ます!

今回はこんな感じでお伝えしましたが、参考なりましたでしょうか?
まあこんな感じでカイロプラクティックとスノーボードを組み合わせてお伝えしていければと思っています

今シーズン、スノーボードを頑張る方、行く前と行った後にカイロプラクティックケアで神経、関節のメンテナンスを受けて下さいね~

結構いい結果になりますよ~












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。